一人暮らしの費用…家賃、生活費どのくらい?【知らないと】借金を大幅に減らす解決策

更新日:
※この記事は約1分で読めます

一人暮らしアドバイザーさくら

一人暮らしの費用は毎月どのくらいかかるのか?イメージしにくいものです。ここでは、『一人暮らしの費用』について分かりやすくシンプルにまとめています。また、「借金で困っている事があれば必ずお役に立てる」情報も併せて解説、必見です。

一人暮らしにかかる費用(総務省調べ)

一人暮らしでは家賃以外に食費、水道・光熱費、通信費、家具・家事用品代など、生活していくためのさまざまな費用がかかります。

以下は、総務省調べによる「一人暮らしにかかる生活費の平均」(家賃以外)です。

家賃は?

”月収から表の合計額を引いた残額”の範囲内を家賃に充てることとなります。

【計算例】
・24歳男性
・月収(手取り)18万円
⇒18万-12万9,386=5万614円

キョウコ22歳独身(はじめての一人暮らし)

・新卒社会人
・バイトで貯めた60万円あり
・物件探し中
手取りが19万円みたいだから…計算すると約3万7,000円!これじゃ、一人暮らしも貯金もできない😨最初のうちは生活費を抑えなくちゃ。。

ヒロシ36歳独身(一人暮らし歴7年)

・コロナで給料減
・借金100万円を返済中
・充分な貯金なし
給料が減ったので、毎月ギリギリの生活。家賃の安いところへ引越ししないとだな😰
ポイント
これから一人暮らしを検討する人は、実家暮らしに比べてどういう出費が増えるのか、すでに一人暮らしをしている人も年齢の経過と共に増える出費の把握が重要です。

一人暮らしアドバイザーさくら

家賃は一人暮らしにかかる費用の多くを占めます。使えるお金の優先順位を考えながら、収入に対して無理なく家賃に充てられる予算を検討するのが大切です。(ちなみに、一人暮らしの初期費用にかかる金額は最低でも50万円ほど。

知らないと後悔の借金解決策

もし、いま借金があるのであれば、根本的な解決が必要です。

実は“国の救済制度”を使って借金を減らせる可能性があります。

それを簡単に調べられるのが、テレビCMでも有名なアヴァンス法律事務所の診断ツール。

これを使うと「いくら借金が減るのか?」ネットですぐに確認できます。この方法をキッカケに、借金に悩んでいる多くの人が救われているんです。

大幅に借金がなくなる可能性もあるので、まずはチェックだけでもしてみる価値はありますよ。

まずは診断してみましょう!今の借金が減らせるかもしれません。

借金をいくら減らせるか?
≫無料の減額診断でチェック≪

借金減額診断ツールの特徴

完全無料で利用できます

完全匿名OK(本名・住所は不要)

60秒カンタン入力で分かる

入力も3つの質問に答えるだけです。

すると、今の借金状況からどれくらい減額ができるのかが分かります。

完全無料で使えて、しかも匿名OK。家族や職場にバレる事もありません。

⇒借金をいくら減らせるか診断してみる

減額診断をした人の口コミ

このサービスで、借金に苦しんでいた方の多くが返済額を減らし借金を完済されています。

減給とボーナスカット…子供の学費や生活費の為のリボ払いが厳しくなっていました。

 

ネットで偶然に知った減額診断で毎月の返済を少なくできる事を知ってスグに使いました。クレジットカード会社からの督促に怯えることなく今では生活に余裕ができています。

貸金業者3社から130万程ほどの借金があったのですが、会社が倒産。再就職後も給料は安く苦しい生活のまま滞納をしていました。

 

家族や会社に内緒で借金をしていたのもありバレるのが嫌で誰にも相談できませんでしたが、今では元金が減額でき利息分もカット。普通の生活を取り戻せました。

ネット通販やショッピングをクレジットカード払いにしており、気がつけば残高230万円のリボ地獄に。

 

毎月の返済はしてもほぼ利息分しか返せてない状況でした。滞納が続き数回の督促。怖くなって調べている時に減額診断を知りました。債務整理を依頼して利息払いのカット、月の支払いも大幅に減り今は借金が着々と減っています。

…このように「予想以上に大きく減額できた」という方々が多いです。

いまある借金を減らすキッカケになるはずなので、今スグ診断してみましょう。

※減額診断 = 法律事務所への依頼では無いので安心してご利用ください。
※借金以外の相談は受け付けておりません。

\かんたん入力たったの60秒!/▲実名でなくてもOK▲

 

 

 

 

 

運営者情報